MENU

PCPのパーソナルトレーニング

スポーツや仕事、日々の生活において、快適に“自己ベスト”のパフォーマンスが発揮できるコンディションを備えることは、豊かな生活を築く基盤です。PCPは一人一人の個別性を理解し、それぞれの課題・目的に応じたパーソナルトレーニングを提供いたします。

スポーツパフォーマンスの向上や健康増進のためには、その目的に応じたトレーニング動作を適切な負荷を用いて反復することが必要です。

快適に思い通りにカラダが動かせる良好なフィジカルコンディションをつくるためには、運動の軸となる “関節” が滑らかに動くことが前提となります。日々の姿勢習慣やスポーツ活動のフォーム、過去のけがなどは関節にわずかな歪みやズレを引き起こす要因となります。関節の歪みがあるままで運動量や強度を高めてしまうと、トレーニング効果が見込めないばかりか関節の痛みや変形などの関節疾病を引き起こしかねません。

骨格の配列(アライメント)を本来の機能的な状態に戻す手技やトレーニングの過程を「リアライン」と呼びます。リアラインとは広島国際大学の蒲田和芳教授が提唱する関節疾病の予防や治療方法のコンセプトです。2016年9月よりPCPは、リアラインコンセプトに基づくコンディショニング指導が適切に提供できる施設、またリアラインの普及発展を担う拠点となる施設として一般社団法人日本健康予防医学会より「リアラインセンター」としての認定を受けました。

PCPのパーソナルトレーニングは「鍛える前に整える」を合言葉に、関節がスムースに動くコンディションを獲得した上で、目的に応じたエクササイズに移行するというプログラムに基づいて進められます。